株式会社オンネット・システムズ
会社情報事業紹介ニュース掲載誌求人情報会員ページお問い合わせ
ホーム  |   サイトマップ
Loading
ホーム事業紹介 > onProduct /(オンネット統合業務シリーズ)工数管理システム オンネット工数
  • onProduct(製品化事業)
  • オンネット統合業務シリーズ
  • onProduct
  • onDevelop
  • onSupport

オンネット日報

オンネット統合業務シリーズ
オンネット日報とは

これまで紙やエクセルで管理していた日報情報(業務内容と時間)の集計を、統合的にDBで管理することにより業務内容の現状把握、分析、改善を自動化、日常化する仕組みです。

日報管理というと直ぐに営業日報を思い浮かべる方が多いと思いますが、本システムは工数把握(投入工数の集計)に重点を置いています。営業日報として利用するには、利用方法の工夫などが必要と思います。

また、時間管理を社員管理の強化と見る向きが多いのに驚かされますが、私たちが目指しているのは、決して社員管理の強化ではなく非効率な仕事、機械に代替可能な仕事を発見することにより、競争力の確保、社員業務の高度化を狙うものです。

経営管理で有名なPドラッガー氏は、業務分析をするためには、前日に行った業務を忠実に記録しなさいと説いています。私たちは、そのことを忠実に実践しているのです。

オンネット工数の特長
1.工数・勤怠管理は基幹システム
  • 勤怠・工数管理機能は、入力の簡便さ(スマホ利用など)を追い求める傾向が強いと感じています。それらを否定しませんが、その前に人、商品、取引先、部門、プロジェクト、工程などの項目と連動を図る視点が必要です。即ちマスタ統一です。「オンネット工数」は「オンネット統合業務」の部分機能ですので、マスタは統一され、入力したデータは、「CSV渡し」ではなくDB間で連動します。
2.工数、勤怠、経費、日報を一括管理
  • 多くの勤務データ収集商品が市場にあります。しかし、工数管理、経費収集とも結びついた商品は少なく、それぞれ個別的で入力も重複しています。「オンネット工数」は、両機能を一緒に扱います。なぜなら、時間管理という点、事業の原価管理という点のデータは極めて似通っています。それなら、一括管理してデータ入力やチェック工数を抑制すべきです。
3.社内活動をプロジェクト単位に集計
  • プロジェクトとは、売上、購買、工数、経費を串刺しするための集計単位を表しています。日常の取引、工数日報などの伝票データを画面から登録すると、プロジェクト別に、集計されます。ここでは、工数、経費を説明していますが、売上、購買とも連動しています。ですので損益管理が即時化、効率化されます。
4.機械打刻と入力時刻は別項目管理
  • 時刻打刻デバイスは各種販売されています。例えば、電子パンチカード、スマホ、製造装置に設置されたセンサなどです。これらから収集する情報は意外と単純で、「設置位置が特定できるデバイスID」「GPS位置情報」「時刻」「個人ID」です。原則的には電子データの仕様が分かれば、どのデバイスとも接続を考えます。また、デバイス打刻時刻と手入力時刻の項目を別々に保持しているので、人的判断を加え、且つエビデンスを保持していることになります 。
5.見える勤怠の実現
  • 雇用形態は多様化しています。例えば地域格差、介護問題などで、テレワークが推進されたりしています。働き場所が分散化されているのです。ですから現場からの勤怠情報収集も遠隔収集する必要があります。「オンネット工数」は「介護などの途中抜け」もその種類ごとに自由に集計できます。実現できるのは、工数明細単位に開始時刻、終了時刻、除外時間が登録できるからです。多くの工数管理は投入工数のみを入力する(投入時間のみで、開始、終了時間管理でない)様になっており、勤怠とは別管理です。実勤怠と仕事の関係が掴みにくいのです。
6.承認フローの存在
  • 承認フローがあることは重要です。人手入力では必ず、判断ミスが起こります。工数でいえば、集計作業の選択違い、勤怠では、残業の深夜、早出が考慮されていなかった、などです。このような間違いデータをチェックする仕組みが必要です。「オンネット工数」では承認作業をネットワークを介してどこでも行えます。また、承認するということは、上司が毎日の仕事ぶりをチェックできるということで、極めて常識的な日常作業なのです。
7.拡張性(オプション)
  • 例えば原価集計となると、製造工程なども関係することになり、汎用機能だけで済ませるのは難しいケースが出てきます。その場合でも「オンネット統合業務」のカスタマイズの容易性が威力を発揮します。システムの効率化は、出来る限りのデータの連動性にあります。「不足機能はCSV出力、エクセル加工」は、よく見る光景ですが、その作業工数を分析してみると結構な工数を要しているではないでしょうか?
ご説明資料
NO. ファイル名 更新日 備考  
ONPOS-9 PDFファイルですオンネット統合業務シリーズ
オンネット工数編
2016/10/10 2P/710KB PDFファイルです
問い合わせフォームへ
オンネット統合業務シリーズ
お問合せ先 TEL:03-5807-5081 / FAX:03-5807-5082 平日9:00~18:00 土日祝日休業    | お問い合わせ | 個人情報について