株式会社オンネット・システムズ
会社情報事業紹介ニュース掲載誌求人情報アクセスお問い合わせ
ホーム  |   サイトマップ
Loading
ホーム > 事業紹介 > onProduct / (社内情報系)社内知識共有の勧め/導入事例ONNETの取組み
  • onProduct(製品化事業)
  • 社内情報系
  • オンネット統合業務シリーズ
  • 基幹業務系
  • 社内情報系
  • その他
  • onProduct
  • onDevelop
  • onSupport

社内知識共有の勧め~Microsoft Office SharePointServerの活用をサポートします

導入事例
~ ONNETの取組み  こんなイイこと、あんなイイこと~

Microsoft Share Point Server(以下、MOSS)が解決!
マイクロソフト社からMOSSがリリースされている。これを使えば、効率的に個人情報を会社情報として利用できる。当社では、2007年より約1年間使った(2008年3月現在)が、仕事の内容が大きく変化し、驚くほどの効果を得た。

朝出社したら、スタート画面を開く。これを玄関画面と呼んでいる。これを開けば、会社からの情報、掲示版、回覧、個人、他人のスケジュールなどが解決できる。(詳しくは、ONNETな日常でまとめている。)

変わったことを要約すると、

●検索機能によりMOSSに蓄積したワード、エクセル、テキストが自由検索で瞬時に抽出できるようになった
  1. 資料探しの時間が無くなった
  2. 探し漏れが無くなった
  3. 蓄積した情報が再活用される様になった
●個人の知識、経験を自由にメモ(テキスト)蓄積しているので、他者の知識を再利用することが出来る
  1. 日常作業、障害復旧の属人化が排除された
  2. だれが情報を蓄積したかも分かる。これは、業績評価に通じる
  3. 作業をする前に、過去の内容を全文検索で探し出して、行うので、ムダ作業が排除された
  4. 再利用された結果をメモに補足、訂正を行うことで、知識の積み上げが可能となった
● 離れた事務所間が、あたかも同一の空間の作業になった
  1. 会社の仕事を同一画面に集中させると、作業空間が離れていても共同作業が可能になる
● ペーパーレス化
  1. 外部からの資料(記録)は、高速スキャナーでPDF化し、MOSSに蓄積した
  2. ぺーパレス化により、コピー機が不要となった
  3. その結果、紙の保管が無くなり。スペース効率が大きく改善された
  4. 現在、東京秋葉原で業務しているので、経済的効果が大きい

●意識変化
情報共有を進める環境を構築すると社員にも意識変化が現れる。

  1. 自分の情報を他人に再活用して貰おうと考える
  2. 情報を個人保有していることに正当性がなくなる
  3. 情報を再活用することで、業務効率化が行われることの重要性が認識できる
お問合せ先 TEL:03-5807-5081 / FAX:03-5807-5082 平日9:00~18:00 土日祝日休業    | お問い合わせ | 個人情報について