株式会社オンネット・システムズ
会社情報事業紹介ニュース掲載誌求人情報会員ページお問い合わせ
ホーム  |   サイトマップ
Loading
ホーム事業紹介 > onProduct /(オンネット統合業務シリーズ)見積管理システム オンネット見積
  • onProduct(製品化事業)
  • オンネット統合業務シリーズ
  • onProduct
  • onDevelop
  • onSupport

オンネット日報

オンネット統合業務シリーズ
オンネット見積の特長
1.見積システムは基幹システム
  • 見積時点では、取引が開始されていないという理由からか、「エクセル作成で」が一般的です。その場合、得意先、 商品情報は、販売システムと無関係に、コード類が自由になりがちです。また、作成した見積は、個人のPC管理になってしまいます。「オンネット見積」は、基幹業務の一部として、高機能に販売システムに組み込まれていますので、会社全体の見積作業として管理されます。
2.取引開始前の得意先、商品管理
  • 見積が難しいのは、「得意先予定者」「新規商品」を考慮する必要がある点です。「オンネット見積」では既存取引先、商品以外の場合は、自由入力を許可し、受注接続後にマスタ登録をする仕組みとしています。取引実績のある得意先は、マスタ連動します。
3.見積時の原価管理
  • 特に工事請負などでは、見積時に前提原価を積算する必要があります。「オンネット見積」では、見積明細(一行)に対し、複数の原価登録(発注先と内訳)が登録可能です。見積承認の根拠となります。発注先、購入品もマスタと連動しています。「無理な受注」を防げます。
4.承認機能
  • 承認作業を明確化すると、期待利益による上司判断が明確化されます。見積をだれが、期待利益を考え、だれが受注承認をしたかが明確になります。
  • 承認されていない見積書は、「未承認スタンプ」が表示されますので、取引先への未承認提出を防止できます。
4.履歴管理、終了管理
  • 見積は、再提出を何回も求められます。「オンネット見積」では、承認後の履歴情報を蓄積していますので、矛盾の無い商談が行えます。幾つもの商談を並行して行っていても、混乱なく履歴参照ができるので、安心です。
  • 終了管理とは「失注」「打切り」「受注」の結果管理です。これらを管理することで、今後の業務改善に繋げられます。
5.ネットワークでの一元管理
  • 「オンネット見積」はインターネット接続環境があれば、どこでも利用できます。もちろんクラウド利用も可能です。
  • 複数の営業がいる場合、見積をネットワーク共有すると作業が格段に可視化されます。①見積は社外で作成し、②上司は離れた場所で承認ができるのです。③そして情報共有により、担当者不在でも業務遂行が可能になります。
    また、「オンネット見積」は、情報はサーバに蓄積されていますから、PCの紛失対策も万全です。
6.見積書内の自由記述の実現
  • 見積書は、請求書などとは異なり、明細行に自由にメモを記述する必要性を生じます。「オンネット見積」では、明細行に「メモ属性」を付けることにより、自由に文言が記載できます。受注接続の際は、「メモ属性」の有無判断をします。
7.見積書、発注書(請書)、請求書出力
  • 事業が小規模である場合、見積書出力を行うと、発注書(相手先用)、請求書までが作成可能となり業務が完結します。これは、「販売管理システムの導入までは必要ない」という事を意味します。「オンネット見積」では、「見積書」「発注書(請書付き)」「請求書」の出力が可能です。「オンネット見積」だけで、簡易販売システムとして機能します。
7.拡張性(オプション)
  • 見積作業は、受注作業と同じくらい重要な業務です。販売管理システムの一部として機能する必要があります。とすると、業種、業態、事業の考え方により、システム機能も変化、拡張させる必要があります。「オンネット見積」は、その変化に柔軟にお応えできる仕組みになっています。
ご説明資料
NO. ファイル名 更新日 備考  
ONPOS-10 PDFファイルですオンネット統合業務シリーズ
オンネット見積編
2016/10/10 2P/775KB PDFファイルです
問い合わせフォームへ
オンネット統合業務シリーズ
お問合せ先 TEL:03-5807-5081 / FAX:03-5807-5082 平日9:00~18:00 土日祝日休業    | お問い合わせ | 個人情報について