動作定義XMLの記述例
***以下のXMLは、サンプルです***
***SQLSequencerは、XMLを解釈して実行します***


<?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS" ?>
<!-- ======================================================================-->
<!-- (sample4) -->
<!-- 受注明細に処理対象レコードが存在するかのチェック(条件分岐例) -->
<!-- 受注基本単位に売上明細から明細額、消費税額、明細の合計を求める -->
<!-- 受注伝票NO($$NO$$)を外部から与える。出力はCSVファイルとなる -->
<!-- ======================================================================-->
<SQL情報リスト>
    <SQL情報>
    <SQLNO>01</SQLNO>
    <SQLタイトル>受注明細の件数を確認</SQLタイトル>
    <SQL種別>SELECT</SQL種別>
        <SQL>
        SELECT count(*) 件数, '$$NO$$' 受注NO <--$$は置換対象文字列です
                    from 受注明細
                    where 受注NO = '$$NO$$'
        </SQL>
    <エラー時無視>N</エラー時無視>
    <実行後コミット>N</実行後コミット>
    <SQL条件分岐> <--条件分岐です。2つ登録しています。
        <条件検査順>1</条件検査順>
        <条件タイトル>対象データが存在するか否か?</条件タイトル>
        <条件>$$件数$$=0</条件>
        <メッセージタイプ>OK</メッセージタイプ>
        <メッセージ>受注NO:$$受注NO$$に明細がありません。処理を中断します。</メッセージ>
    </SQL条件分岐>
    <SQL条件分岐>
        <条件検査順>2</条件検査順>
        <条件タイトル>処理続行通知</条件タイトル>
        <条件>$$件数$$!=0</条件>
        <メッセージタイプ>YesNo</メッセージタイプ>  <--会話画面の出力も可能です。
        <メッセージ>受注NO:$$受注NO$$が$$件数$$件存在しますので続行します</メッセージ>
        <Yes選択次SQLNO>02</Yes選択次SQLNO>
    </SQL条件分岐>
    <次SQLNO>99,0,終了しました</次SQLNO>
    </SQL情報>
<!--=============-->
<!--メイン処理 -->
<!--=============-->

    <SQL情報>
    <SQLNO>02</SQLNO>
    <SQLタイトル>受注合計のログ表示</SQLタイトル>
    <SQL種別>SELECT</SQL種別>
         <SQL>
        SELECT s.受注NO,s.取引名,sum(d.受注明細額),sum(d.消費税額),sum(d.受注明細総額)
                   FROM 受注基本 s,受注明細 d
                   where s.受注NO=d.受注NO
                                      and s.受注NO = '$$NO$$'
                   group by s.受注NO,s.取引名
        </SQL>
    <SQL実行結果表示>WithHeaderFILE</SQL実行結果表示>
        <SQL実行結果FILE>sample4.csv</SQL実行結果FILE>  <--CSV出力も簡単です。
        <エラー時無視>N</エラー時無視>
    <実行後コミット>N</実行後コミット>
    <次SQLNO>99,0,終了しました</次SQLNO>
    </SQL情報>
</SQL情報リスト>