実行ログの出力例

***LOGの出力例です***
***動作定義XMLの内容と見比べれば動作が分かります***

***** SQLS_ora [Ver1.0] 開始 2009/08/15(土) 19:23:40 *****

指定パラメータ : /XMLファイル=sample4.xml /KEY情報=(NO=00000002) /SQL表示=y /DIALOG=y /SHOW=n /log=sample4.log /囲み=y

■/KEY情報=(NO=00000002)

■ファイル名:D:\USER\開発環境\O_オンネット・システムズ\SQLS_ora\SQLS_ora_1_0\SQLS_ora暫定版2\SQLS_oraSample\sample4.xml
01:受注明細の件数を確認 SELECT

        SELECT count(*) 件数, '00000002' 受注NO
                            rom 受注明細
                            where 受注NO = '00000002' <--NOが置換されている

    1 件
    受注NO:00000002
    件数:3
    処理件数:1
    条件:対象データが存在するか否か? 結果:偽 <--条件判断結果
    条件:処理続行通知 結果:真
    メッセージ(YesNo):受注NO:00000002が3件以上存在しますので続行します
    応答:Yes

02:受注合計のログ表示 SELECT

       SELECT s.受注NO,s.取引名,sum(d.受注明細額),sum(d.消費税額),sum(d.受注明細総額)
                            FROM 受注基本 s,受注明細 d
                            where s.受注NO=d.受注NO
                                     and s.受注NO = '00000002'
                            group by s.受注NO,s.取引名

    1 件

終了しました

終了コード:0
プログラム終了コード:0

***** SQLS_ora [Ver1.0] 終了 2009/08/15(土) 19:23:56 *****